私の闇金体験談・ヤミ金の違法な取立て・督促電話が即日ストップ・無料相談・24時間全国対応

私の闇金体験談・ヤミ金に強い弁護士・司法書士に無料相談して被害解決!

闇金融に気をつけよう

闇金は名簿屋で個人情報を買う

更新日:

闇金は名簿屋で個人情報を買う

ヤミ金の「三種の神器」の一つである多重債務者の個人情報は「名簿屋」からリストとして買っています。この名簿が流通するおかげで、多重債務者は借金を重ねるという仕組みです。

闇金に、買えない個人情報はない

自己破産した人やヤミ金融から一度でも借りた人には、別の業者から次々に勧誘電話やダイレクトメールが殺到します。

一日に20通30通もDMが舞い込むケースが少なくありません。

「どうしてこんなにたくさんの業者が私の住所や名前を知っているのか」

と気味悪がる債務者も多いですが、答えは簡単。

債務者の情報が、闇金融業者の間で売買されているためです。

東京都内のあるヤミ金融業者は「買えない情報はない」と豪語します。

ヤミ金融業者は「買えない情報はない」と豪語

店には連日、様々な名簿業者が売り込みに訪れます。

大手消費者金融が貸し出しを断った客、都道府県別の多重債務者、他の闇金融の顧客台帳・・・。

クレジットカードの利用状況を詳細に記したデータまであり、ヤミ金融業者自身が「こんなデータ、どうやって手に入れたんだろう」と不思議がるほどです。

ヤミ金融業者は貸し出しの際、子供が通う学校名や親類の勤め先など、名簿に載っていない情報を詳細に聞き出します。

こうして”付加価値”が付いた情報は、更に別の名簿業者や闇金融業者に販売されていくのです。

ある名簿業者は

「名簿屋を回って情報を買い、それをまた売るだけでいい。誰でも始めることができる商売だ」

と明かします。

闇金は名簿屋で個人情報を買う

銀行口座に一方的にカネを振り込んで強引に返済を迫る「押し貸し」も、借金をした覚えがない人に「他の業者から債権譲渡を受けた」と記したお悔やみ電報などを送りつけてカネを巻き上げる手口も、すべて、個人情報があふれかえっている現実があるからこそ成り立っているのです。

闇金の持つ、詳細な個人情報

東京都内で名簿を売買しているある業者は、延べ五億件もの個人情報を保有しているといいます。

事務所の書棚には、学校の同窓会、企業や役所、リゾート施設の会員権所有者などの名簿がズラリと並び、その内容はすべてデータベース化されています。

名簿のジャンル別リストを冊子にまとめてあり、顧客は事務所でそれを閲覧して、欲しい情報を選んで買い取ります。

闇金の入手する被害者の個人情報はデータベース化されている

電話セールスなどに使うため、企業の営業マンがよく訪れてくるといいます。

しかし、この名簿業者の手元には、書棚に並べず、閲覧用の冊子にも載せていない情報があります。

社内で「金融データ」と呼んでいる情報がそれです。

積極的に宣伝はせず、顧客から問い合わせがあった時だけ、「こういうものがありますよ」とこっそり提供するわけです。

業者の内部リストには「金融多重債務者」「自己破産者」、債務整理をした人を意味する「金融一本化」など様々な名簿のタイトルが並んでいます。

大手消費者金融の社名別にまとめられた利用者名簿もあります。

いずれも、住所や名前はもちろん、勤務先、生年月日、電話番号など詳細な個人情報が載っています。

これらの名簿もデータベース化されており、顧客の要望に応じて年齢や性別などの条件を入力して、特定の情報だけ打ち出すことができます。

闇金の入手する詳細な個人情報はデータベース化

例えば、「消費者金融A社から借りている東京都在住の三十代の多重債務者男性」という情報を一覧表にしてプリントアウトできるといいます。

一人分の情報は15円。郵便物に貼ることができるよう住所と氏名をシールにしたものは30円です。

こうした情報をどのようにして入手するのか、業者ははっきりとは語りません。

担当者は

「金融会社を辞めた人間が、顧客データを持ち出したりするんだろう。だが、データが持ち込まれる前、その出所は詮索しない」

と言います。

多重債務者や自己破産者のリストは、ヤミ金融業者が購入している可能性がありますが、

「うちは、客から尋ねられたリストが手元にあれば、それを売るだけのこと。何に使うかなんて聞かない。必要な人が必要なリストを買っていく」

と話すだけです。

多重債務者や自己破産者のリストは、ヤミ金融業者が購入している

個人情報の売買そのものを取り締まる法律は、平成27年になってやっと法制化に目処が立ったものの、今のところ実効性は無く、担当者の言葉からは罪の意識は微塵も感じられません。

「個人情報保護法の成立及び改正に関する主な経緯」
出典:個人情報保護委員会

官報情報も入手

平日のほぼ毎日発行されている国の官報には、自己破産した人の氏名と住所が掲載されています。

全国の破産者の情報が載るので、北海道や沖縄で誰が破産したかを東京で知ることも可能です。

裁判所の担当者は、その狙いを「債務者の破産を知らない債権者に対し、その事実を知らせるため」と説明しています。

ところが、こうした情報が実は、闇金や悪質な貸金業者の「メシの種」になっているのです。

闇金は官報で債務整理者の個人情報を入手

多重債務者の救済に取り組む東京都内の団体のメンバーは、

「自己破産には、借り癖がついた多重債務者を強制的に借金から遮断させる効果があった。だが、いまや下手に自己破産を勧めると、かえって官報に載った名前と住所を見たヤミ金融業者からの勧誘攻撃を受けて、さらなる借金地獄に陥ってしまいかねない。」

と話します。

また、ある貸金業者は「官報なら情報の精度は抜群だ」と語り、官報情報が”商売”に悪用されていることを示唆しています。

官報の自己破産情報をリスト化して販売している愛知県の業者は

「官報がどこで売られているか知らない人が多く、これをデータ化すれば商売になると思った」

と明かします。

官報から闇金に流出する自己破産者の個人情報

主に企業の人事担当者が、従業員を雇用する際に破産者かどうか調べるために使うといいますが、金融業者とおぼしき人物が買っていくケースもあるといいます。

この業者も、都内の名簿業者同様、

「まともな貸金業者は破産者には貸さないから、うちのリストを買うのはヤミ金融業者でしょうね。ただ、相手の素性やどんな目的でデータを買うのか、こちらは聞きませんから」

とあっけらかんと話します。

個人情報の需要は増えている

東京都内に本社を置くとある情報サービス会社は、コンピューターのデータ入力を本業としていますが、貸金業者から流出した融資申込書などの顧客情報をリスト化し、ヤミ金融などに売りさばく「名簿屋」です。

同社の営業マンが手にした融資申込書には、住所・氏名、生年月日、勤務先はもちろん、

「給料日・25日」
「使用目的・レジャー」
「消費者金融からの借り入れ・十件、残高400万円」

など情報が記載してありました。

配偶者が借金をしていることを知っているかどうかまで書いてあります。

貸金業者が客から聞き取ったものです。

貸金業者から流出した融資申込書などの顧客情報をリスト化し、ヤミ金融などに売りさばく「名簿屋」

こうした情報は、貸金業者から直接買い取ることもあれば、別の名簿屋を通じて買い取ることもあります。

仕入れ値は一件につき50円。売値も50円ですが、同じものを何度も売れば稼ぐことができます。

ダイレクトメールに貼るラベルにすれば、もう少し高く売ることができます。

どの消費者金融からどのくらい借りているかまで入った情報になると、一件100円前後に値段が跳ね上がります。

もっとも、最近で一番売れているのは携帯電話の番号リストで、一人分につき25円程度で売っているといいます。

こうした申込書などの原本は、ほとんどシュレッダーにかけて処分しています。

ナマの情報そのものを欲しがる闇金融業者も多いのですが、情報の「仕入れ元」が、警察の摘発を恐れて「データを入力したら処分してくれ」と求めることが多くなっているからだといいます。

シュレッダーにかけられた名簿屋の持つ個人情報

情報サービス会社も、最近は販売するリストに債務者の借り入れ総額を記載しないようにして用心しています。

金額を記入したデータを闇金融が社会問題として取り上げられるようになった2002年後半から、名簿の販売を少し控えているのです。

ですが、営業マンは

「個人情報の売買が難しくなっている分、水面下で需要は増えている。ほとぼりが冷めたら、また売ることができるようになるだろう」

と楽観的な様子を見せました。

「三種の神器」を使った、元ヤミ金の振り込め詐欺の横行

山口組系五菱会系ヤミ金グループの摘発や改正貸金業法の完全施行により、暴力団がヤミ金から撤退し、多重債務者の数が大幅に減少したことで、ようやく事態は収束するかと思えたのですが、そういうわけにはいきませんでした。

ヤミ金から倉替えした悪質業者たちが、その代わりに始めた新手の商売が、いわゆる「振り込め詐欺」だったのです。

振り込め詐欺が増え始めたのは、山口組系五菱会系ヤミ金グループが摘発され、山口組本部が捜査された2003年以降のことです。

ヤミ金から倉替えした悪質業者たちが、その代わりに始めた新手の商売が「振り込め詐欺」

ヤミ金も振り込め詐欺も、共通した手段と道具を使っています。

闇金は、多重債務者や自己破産者のリストを「名簿屋」から買います。

「名簿屋」は、おそらく、消費者金融の元社員などから多重債務者や自己破産者の名簿を入手していると思われます。

当時、料金は「多重債務者一人につき300円」と言われてましたから、一万人の顧客名簿なら300万円で売れるわけです。

大手消費者金融を退職した元社員が、10万人の顧客名簿を持ち出して名簿屋に売れば300万円になります。

ちょっとした退職金代わりです。

このような名簿に載せられた人を、ヤミ金はターゲットにしていたのです。

振り込め詐欺グループも、多重債務者や自己破産者などの名簿のほか、同窓会名簿、町内会名簿、PTA名簿、教員名簿などを名簿屋から入手してターゲットにしています。

もうひとつ、闇金と振り込め詐欺に共通しているものに「銀行口座」があります。

捕まらないように、彼らは他人名義の銀行口座を「口座屋」から入手するのです。

闇金と振り込め詐欺グループは他人名義の銀行口座を「口座屋」から入手

銀行口座は、通帳、印鑑、キャッシュカードの三点セットで、4万円から7万円程度で売買されていると言われています。

それから、「携帯電話」というツールがあります、

身元の判明しない携帯電話を入手して、取立てや詐欺に利用しているのです。

  1. 名簿
  2. 銀行口座
  3. 携帯電話

この三つは「三種の神器」と言われていて、三種の神器があれば、拠点が東京にある場合でも、北海道から九州まで日本全国の人をターゲットにすることができるわけです。

具体的な手口も、大同小異です。

「殺すぞ」「指持ってこい」などと言って恫喝するのがヤミ金ですが、振り込め詐欺は

「おたくの息子さんが交通事故を起こしました。被害者の助手席に妊婦が乗っていて、いま、病院に担ぎ込まれています、ちょっと被害者の弁護士に代わりますから」

といったような、言葉巧みな「騙し」でお金を騙し取ります。

闇金が鞍替えした振り込め詐欺

恫喝から騙しに変わっただけで、やっていることは一緒です。

そして、闇金の恫喝がある種パターン化していたのと同様に、振り込め詐欺の手口も、組織的なマニュアルに基づいています。

それは「劇場型」と呼ばれていますが、摘発された振り込め詐欺の例を見ると、息子役はこう、弁護士役はこう・・・といったマニュアルがしっかりあるわけです。

全国化する詐欺犯罪に警察は対応できていない

振り込め詐欺は、前述した「三種の神器」があれば誰でもできますから、必ずしもすべてが暴力団関係者とは限りません。

しかし、その背後では反社会的集団が相当関与していると見られています。

ただ、振り込め詐欺については、大々的な組織的摘発があまりなされていません。

振り込め詐欺の場合、末端には、振り込まれた金をおろしに行く「出し子」がいます。

この役割を中間的なグループが担当し、そこから、上の方に金が流れていきます。

「上の方」には暴力団などが存在すると想像されますが、彼らは跡を消し、証拠を残さず、口を割らずにミッションを遂行しているので、さかのぼって組織的に摘発することができません。

振り込め詐欺グループの証拠隠滅

一方、警察の組織でこれまでヤミ金を扱っていたのは生活経済課という部署ですが、振り込め詐欺の担当は知能犯係で、警視庁で言えば捜査二課の分野です。

ただ、知能犯係は、これまで加害者、被害者が少人数に限られるような詐欺事件は取り扱ってきましたが、被害者が全国的に大量に発生する組織的な詐欺犯罪を摘発するようなことは、あまりやったことがありません。

また、日本の警察が都道府県警という地域割り組織になっていることの弊害もあります。

振り込め詐欺の場合でも、被害者が大分に住んでいれば大分県警、熊本なら熊本県警と、地元の警察へ相談に行くわけですね。

ところが、送金先が東京だったりすると、実際に犯人を捕まえようと思ったら、大分県警や熊本県警の刑事が上京して、アジトを調べたり、金をおろしにくる「出し子」を調査したりしなければなりません。

現実問題として、地方の警察が一件の詐欺のためにそれだけの対応をしてくれるでしょうか。

犯罪が全国化しているのに、地域割りの警察組織は十分に対応できていないのです。

振り込め詐欺の一部は、闇金業者が商売替えをして行っていると言われています。

彼らが使っているツールは、ヤミ金時代と同じ「三種の神器」です。

これを使って、またぞろ多重債務者や破産者たちをターゲットにし、食い物にしようとしているわけです。

ヤミ金業者達は、このように、実際には金を貸さずに被害者から金を騙し取るという新手の手口を考え出しました。

そして、これらの詐欺行為に対して、全国の警察は対応しきれていないという事実があります。

振り込め詐欺グループの犯罪が全国化しているのに、地域割りの警察組織は十分に対応できていない

また、「振り込め詐欺」の範疇に含まれる「オレオレ詐欺」や「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」の手口自体は減少傾向にありますが、最近ではまた新たな手口「還付金詐欺」などが横行し、被害が増えています。

「振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺の被害状況」
出典:警視庁WEBサイト

話が「振り込め詐欺」にそれてしまいましたが、ヤミ金「三種の神器」の一つ、「名簿」を売買する「名簿屋」は、未だに暗躍しています。

2005年に制定された「個人情報保護法」がある程度の規制をかけているとは言え、個人状保護法自体が「個人情報の売買や流用を規制する法律ではない」という事実がある以上、その摘発は困難になっているのです。

2017年5月に改正個人情報保護法が施行される予定ですが、「名簿屋」は、この法律の抜け穴を見つけ出し、その後も活動を続けるであろうと当サイトでは考えています。

ヤミ金業者と名簿屋の蜜月は今後も続いていくのではないでしょうか。

「名簿屋」規制の難しさと制度改正大綱の狙い
出典:ワイヤレスワイヤーニュース

個人情報保護法の改正 2017年5月施行予定
出典:弁護士法人クレア法律事務所

闇金相談・闇金に強い弁護士
闇金に強い弁護士

ヤミ金問題はとても厄介なので、取り扱う弁護士事務所が少ないのが実状です。しかし安心して下さい。日本には闇金に強い正義感あふれる弁護士事務所が存在します。 闇金に強い弁護士とはContents1 闇金に ...

続きを見る

闇金相談・闇金に強い司法書士
闇金に強い司法書士

ヤミ金問題はとても厄介で危険なので、取り扱う司法書士自体が少ないのが現実です。しかし安心して下さい。日本にはリスクを恐れない正義感あふれる闇金に強い司法書士事務所が存在します。 闇金に強い司法書士とは ...

続きを見る

闇金に強い弁護士・司法書士ランキング

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所
事務所名 ウイズユー司法書士事務所
代表司法書士 奥野 正智 大阪司法書士会:2667号/認定番号:312416号
事務所所在地 〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり50,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い・後払い可能

ウイズユー司法書士事務所は、ヤミ金相手に戦い続けること10数余年。
経験と実績豊富な司法書士が闇金被害に悩むあなたを救います。
ヤミ金からの督促・取立て・嫌がらせは最短即日ストップ。法的強制力で闇金被害をきっぱり解決。

解決後のアフターフォローも責任持って対応。闇金が二度と近づいてこないよう親身なアフターフォローで徹底的にあなたを守ってくれます。

(1)相談料無料・全国対応24時間365日受付
緊急の闇金問題相談にも即対応可能。北海道から沖縄まで全国どこでも対応しています。

(2)闇金の元金返済不要
闇金に返済したお金はもちろん、元金の返済も1円たりとも不要になります。

(3)相談料無料・取立て・嫌がらせ最短即日ストップ
闇金問題は即時対応できるように相談料は無料です。そして、闇金からの取立て・嫌がらせも最短即日ストップさせます。

(4)後払い・分割払い可能
被害者の生活再建を一番に考えていますので、問題解決費用は後払い・分割払いに対応しています。

(5)毎月数百件の闇金被害を解決
相談・解決実績毎月数百件。独自の経験と実績で闇金被害をきっぱりと解決します。

代表司法書士 奥野 正智

代表司法書士 奥野 正智


事務所名の「ウイズユー司法書士事務所」が示す通り、「あなたに寄り添う司法書士事務所」の理念の下、日々闇金被害の解決、被害者の生活再建に力を注いでいます。

実際に、解決された被害者の皆様の満足度が非常に高い司法書士事務所です。

とにかく「スピード解決」に定業があり、最短で一日での解決に至ります。

被害を一日でも早く解決されたい方は、ウイズユー司法書士事務所への無料相談をおすすめします。

Duelパートナー法律事務所

Duel法律事務所
事務所名 Duelパートナー法律事務所
代表弁護士 正野嘉人 東京弁護士会人権擁護委員会所属(第19816号)
事務所所在地 〒101-0047 東京都千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル9階
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり54,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い可能

※「システム金融」「ファクタリング闇金」対応は、一件当たり108,000円

ヤミ金被害を最短で受任当日に解決する、闇金対策専門弁護士「Duel(デュエル)パートナー法律事務所」です。

(1)24時間365日メール受付
ヤミ金に強い弁護士が24時間365日無料相談受付中。

(2)即対応
ヤミ金業者との関係を完全に断ち切るために、スピーディーな対応で依頼者を守ります。 最短で受任した即日取立てストップ可能です。

(3)ヤミ金の弱点をつく法的対抗力
ヤミ金業者が恐れる、口座凍結、携帯電話の利用停止など弁護士ならではの対抗措置を取り、ヤミ金側を諦めさせます。

(4)北海道から沖縄まで全国対応
スピーディーに受任するために、「Skype」や「スマホのTV電話」などで直接相談を行い、即座に受任します。

(5)秘密厳守
秘密厳守します。他言は一切しません。 家族や職場に連絡先を教えてしまっている場合でも柔軟に適切なアドバイスが可能です。

(6)法テラス利用可能。被害解決金の分割払い対応
法テラスの民事法律補助が使えます。この立替制度(無利子)を使うことで、分割返済がより楽になります。

代表弁護士 正野 嘉人

代表弁護士 正野 嘉人

 

私は弁護士として30年の間、数々のヤミ金融問題を解決してきました。

その経験からお伝え出来るのは、ご自身一人でヤミ金問題を解決するのは非常に困難で、さらには危険も伴ってしまいます。

一人で悩みを抱え込んでしまう前に私ども「ヤミ金融の対策をしている弁護士」にぜひご相談ください。

もちろん相談は無料で、ご家族やお勤め先にも内緒で手続きを進めます。

解決への1歩を踏み出すためにもご連絡をお待ちしております。

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)

ヤミ金レスキュー
事務所名 ウイズユー司法書士事務所
代表司法書士 奥野 正智 大阪司法書士会:2667号/認定番号:312416号
事務所所在地 〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり50,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い・後払い可能

「ヤミ金レスキュー」は、全国唯一の女性専用闇金相談・解決窓口、女性専用司法書士事務所です。

女性スタッフが完全対応の態勢を整えており、女性からの相談のみに限定し、女性特有のデリケートな悩みを最短即日で解決してくれます。

年間2,500件超の相談を業務歴10数余年の信頼と実績を持つ司法書士が、ヤミ金からの督促・取立て・嫌がらせを最短一日でストップします。

(1)取立て・嫌がらせを最短一日でストップ
ヤミ金レスキューが受任すれば、しつこいヤミ金からの督促・取立て・嫌がらせを最短一日でストップさせてくれます。

(2)女性スタッフが完全対応
女性からの相談のみに限定し、女性ならではのデリケートな悩み・問題を専門に取り扱い、親身になって解決に導く女性専用相談窓口を設けています。

(3)秘密厳守・相談料無用
相談者からの秘密は厳守します。ご主人にもご家族にもバレることなく問題解決を図ります。無料相談は何度でも受け付けています。

(4)全国対応24時間365日受付
緊急の闇金問題相談にも即対応可能。北海道から沖縄まで全国どこでも対応しています。緊急のご連絡にも迅速に対応します。

(5)後払い・分割払い可能
被害者の生活再建を一番に考えていますので、問題解決費用は後払い・分割払いに対応しています。

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)


生活のために夫に内緒で借金してしまった、女性だからといって強く脅されつい返済してしまう、子供にまで嫌がらせが及ぶ、夫にバレたくない、などといった女性ならではのデリケートな問題を気軽に相談できるよう、女性専用相談窓口を用意しているヤミ金レスキュー。

相談相手が女性だからこそ、「安心して相談できる」専門相談員を揃え、全力で依頼者をサポートします。

-闇金融に気をつけよう
-, , , , , ,

Copyright© 私の闇金体験談・ヤミ金に強い弁護士・司法書士に無料相談して被害解決! , 2018 AllRights Reserved.