私の闇金体験談・ヤミ金の違法な取立て・督促電話が即日ストップ・無料相談・24時間全国対応

私の闇金体験談・ヤミ金に強い弁護士・司法書士に無料相談して被害解決!

闇金融の手口

キャンセル料請求詐欺(闇金)の対策:融資の申込みを断るとお金を請求するヤミ金

更新日:

キャンセル料請求詐欺とは?

キャンセル料請求詐欺とは、借り手側が相手を闇金と知らずに融資の問い合わせをしてしまい、不安に思った借り手が融資を断ると、「キャンセル料」を請求してくる闇金、あるいは詐欺師の手口のことを指します。

キャンセル料請求詐欺とは?

キャンセル料請求詐欺とは、借り手側が相手を闇金と知らずに融資の問い合わせをしてしまい、不安に思った借り手が融資を断ると、「キャンセル料」を請求してくる闇金、あるいは詐欺師の手口のことを指します。

この「キャンセル料請求詐欺」は、さまざまな闇金被害の中でも相談件数が圧倒的に多く、全国の被害相談の約20%を占めると専門家は指摘しています。

闇金業者・詐欺業者の手口の一つですが、融資の申込みをキャンセルすると、「キャンセル料」と称して法外な手数料を請求するという、闇金行為というよりほとんど詐欺に近い犯罪手口です。

キャンセル料請求詐欺

彼ら業者は、あたかも認可された貸金業者を装って、広告活動を行い、顧客を勧誘します。

勧誘方法は、闇金の常套手段である「チラシ」「ポスティング」「携帯電話」「ダイレクトメール」「インターネットのホームページ」などです。

広告文言は、これまた闇金の常套句である

  • ブラックの方歓迎
  • 他で断られた方でもOK
  • 来店不要
  • 即日審査
  • 新規お申し込みのお客様のみサービス

といった甘言を並べ立て、巧みに誘います。

連絡手段は、もちろん携帯電話やスマホです。

これら広告を見て正規の貸金登録業者と思い込み、融資を申し込んできた顧客に対し、「一旦審査をする」と言って、顧客の個人情報を聞き出します。

個人情報は、本人の住所氏名・電話番号・勤務先の連絡先・子どもの学校・家族の連絡先・親類縁者の連絡先・銀行口座など細かく聞きだします。

顧客としては、この時点ではお金を借りたい一心で、つい個人情報を伝えてしまいます。

その後、返済方法や金利など融資に関する説明を受けます。金利は当然正規ではあり得ない高金利です。

ここで初めて怪しいと気づき、「闇金?」と疑った顧客は「その条件なら融資はいらない」とキャンセルすると、態度は一変。

「もう融資の手続きは出来ている。キャンセル料を払え!」

と、脅しをかけつつ、迷惑料と称するキャンセル料を請求してくるのです。

脅しをかけつつ、迷惑料と称するキャンセル料を請求

顧客は、個人情報を伝えてしまった手前「家族や子ども、勤務先に連絡が入ったら困る・・。」という心理から、思わずキャンセル料を払ってしまうケースが多いようです。

この手口の悪質な点は、実際には融資を行わないばかりか、契約が未成立にもかかわらず、キャンセル料を詐取することが当初からの狙いである、という点です。

それどころか、初めから融資をする現金も用意していないのに、ただただキャンセル料を騙し取るのが目的というケースもあります。

そして、キャンセル料の支払いを断ると、闇金特有の督促・取立て・嫌がらせが始まります。

それでも断り続けると、今度は個人情報を元に、勤務先や家族・親戚などに請求をし始めるのです。

「勤務先や親戚に迷惑をかけるわけにはいかない」という心理から、顧客は遂にキャンセル料を支払ってしまいます。

闇金に強い法律家ランキング

キャンセル料を支払ってしまった。するとどうなる?

契約未成立の融資話ですから、そもそもキャンセル料など支払う必要はありません。

しかし、嫌がらせに負けて一度キャンセル料を支払ってしまうと、闇金は借り手を上得意つまり「カモ」と見なし、さらなる攻勢をしかけてきます。

「カモ」と見なした顧客から延々と現金を搾取し続けようと画策し、様々な言いがかりをつけ、取立てや嫌がらせがエスカレートします。

「支払いが遅れた。迷惑料を払え。」

「返済額が足らない。手数料を払え。」

などと難癖をつけ、あの手この手で理由をつけては、取立て・督促が続いてしまうのです。

この詐欺対策として一番大切なことは、「キャンセル料を1円たりとも支払わない」ことです。

闇金にキャンセル料を支払ったが最後、闇金は被害者に食らいついて離れようとはしません。

闇金の取立てや嫌がらせがエスカレート

ことここに至っては、個人で解決するのは大変難しいと言えるでしょう。

保証金詐欺という手口もある

闇金によっては、融資のための

「与信調査をする」

といった名目で、3万円前後の小口の貸し付けを持ちかけ、高金利の融資を行う場合もあります。

与信調査というのは全くの口実で、一方的な闇金行為です。

さらに、顧客に先に何十万円かを振り込ませ、それを条件に「融資してもいい」と持ちかける「保証金詐欺」という悪質な手口もあります。

保証金詐欺

これも「審査をする」「与信調査をする」という名目で、お金を詐取しようとする巧妙な詐欺行為です。

押し貸しに発展するケースも多発

仮に、キャンセル料請求被害に遭わなかったとしても、「審査」の際に既に個人情報を教えてしまっています。

教えてしまった個人情報に「銀行口座」が含まれている場合は要注意。

その口座に一方的に数万円を振り込んできて、高金利をつけて請求してくるケースもあります。

闇金の常套手段である「押し貸し」という手口です。

押し貸しの対処法は?・・勝手に現金を振り込んでくるヤミ金
押し貸し(押貸し)詐欺はラッキー?無視?警察?対処法・対策は?・・勝手に現金を振り込んでくるヤミ金

「押し貸し」とは、勝手に多重債務者の口座に現金を振り込んで、暴利での返済を要求する手口です。 押し貸し(押貸し)とは 「押貸し」という信じられないような方法を使うヤミ金が増えています。 一般的な闇金は ...

続きを見る

押し貸しに遭うと、最悪の場合、銀行口座を凍結しなければばらないことになるので、簡単に銀行口座を教えない、あるいは早急な法的対応が必要になってきます。

銀行口座を凍結

闇金に強い法律家ランキング

キャンセル料請求詐欺に対する対策

キャンセル料請求詐欺の対策方法としては、第一に「言われるままにお金を振り込まない」ことが最重要ポイントです。

お金を振り込まないことが、最低限必要な対応策です。

しかし、既にお金を振り込んでしまっている場合は、闇金の督促や嫌がらせから逃れることは困難です。

かといって、キャンセル料の支払いを拒否し続けることもまた困難でしょう。

個人情報を教えてしまっている以上、闇金の取立てや督促に悩まされるという結果が待ち受けています。

闇金の督促や嫌がらせ

いずれの場合も、個人でこれを解決するのは大変難しいこととなります。

いち早く、闇金問題に強い弁護士や司法書士などの専門家に相談して、早急な解決を図りましょう。

キャンセル料請求に対抗する裏技

キャンセル料請求は根も葉もない単なる言いがかりに過ぎません。

安易に言いがかりに乗っかってしまわず、対処する方法について考えてみましょう。

闇金側にまだ住所など詳しい情報を教えていない場合

  1. 住所や会社の連絡先、家族の勤務先や学校の連絡先などの個人情報を詳しく教えていない場合
  2. さらにまだキャンセル料を支払っていない場合

この2つの条件が重なっていれば、対処方法はあります。

キャンセル料などそもそも単なる言いがかりでしかありませんから、闇金の要求通りにお金を払う必要は法律上全くありませんので、無視してしまえば問題ありません。

キャンセル料請求闇金の電話を無視する

相手に電話番号はわかってしまっていますが、住所はもちろん個人情報を伝えていない段階であれば、相手と連絡を取りさえしなければ良いのです。

何度も電話がかかってくるでしょうが、無視してしまえばOKなのです。

これに耐えられないということであれば、思い切って携帯番号を変更してしまうという方法もあります。

また、闇金側にしてみれば、電話番号を元に探偵や業者を雇ってあなたの住所をつきとめるなどということは、費用倒れになってしまいます。

諦めるキャンセル料請求闇金

闇金もそこまでのことは出来ません。

大抵の場合は諦めて他の被害者へと矛先を変えることでしょう。

すでに個人情報を教えてしまっている場合

キャンセル料を請求してくる業者は、100%がヤミ金と言っても過言ではありません。

いくら被害者が「騙された」と言っても、最初の時点で「怪しい業者かも?」と思いつつ近づいてしまわれたのではないでしょうか?

消費者金融や街金などの正規の貸金業者から借金を重ねた上で、結果どこにも借りられなくなり最後にたどりつくのがヤミ金です。

闇金の勧誘時の常套句である

  • ブラックの方歓迎
  • 他で断られた方でもOK
  • 来店不要
  • 即日審査
  • 新規お申し込みのお客様のみサービス
  • 低金利

といった甘い言葉に乗せられて、被害者自ら連絡してしまっているケースが大半でしょう。

実はその時点で「怪しい」「闇金?」という疑問を持ちながら連絡されていることと思われます。

全く正規の貸金業者と思い込んで融資を申し込む人は実はかなり少ないことと思います。

ブラックの方に融資する正規業者があるわけありませんので、うすうす感じつつ少し怪しい業者に連絡してしまったことと思われます。

怪しいと思いつつ闇金に電話

ある程度の覚悟をしながら融資話に乗ってしまったのではないでしょうか。

そのようなケースでしたら、話の途中でハッキリと「闇金」と気がついてキャンセルする前にこの被害を避ける方法が確かにあります。

キャンセルする前に出来ること

怪しい貸金業者に融資の連絡をする際に、被害を受ける前にできることがあります。

返済方法や金利など融資に関する説明を受ける際、その怪しさに気づきキャンセルした時点ではもう遅いことはお気づきですね。

ですから、そういった説明を受ける前に、会話内容を録音してしまうという方法があります。

スマホの録音機能「ボイスメモ」などで録音するのがベストですが、ボイスレコーダーでもかまいません。

ボイスメモやボイスレコーダーで闇金との会話を録音

録音中は、闇金業者との会話内容であることを証拠にするために、「〇×です」と業者名を名乗る時点から録音しましょう。

もし業者名を明言しなければ、「〇×さんですか?」と尋ね、「はい」あるいは「そうです」と返答させるように誘導し録音します。

これ以降はスマホを切るまで録音を続けましょう。

業者の中には、融資を申し込む前には「低金利」をうたいながら、申し込んだ後から本当の金利を要求しようとするパターンが常套手段です。

そして、この時点でキャンセルした場合にキャンセル料を要求してくるのです。

ですから、申し込む前と申込み後の会話を録音しておけば、あとあとそれが証拠になるのです。

闇金との会話を証拠に残す

この会話を録音しておくことで後から「言った」「言わない」という揉め事を回避できることになります。

もちろん、弁護士や司法書士に解決を依頼した時にも確固とした証拠になります。

後からキャンセル料を請求してきた時に「説明したよね?」と言ってくるに違いありませんが、この時にも会話を有利に進めることができます。

もちろん業者側に「録音している」と伝えることが大切です。

相手によってはそれだけで引いていくことすらあります。

引かないようであれば、録音内容を聞かせてやることもできます。

さらに、これを証拠に警察に被害届を出すとか告発するとか訴えるとか言ってやりましょう。

ここまでくれば大抵の業者は、態度を一変させて弱腰になることでしょう。

キャンセル料請求といっても、一回一回の請求など闇金業者にとっては小さなお金に過ぎません。

小さな利益にこだわって、負けるとわかっている争いをするメリットは闇金側にはないからです。

最悪の場合、闇金の最も恐れる「逮捕」が待っているような争いを長引かせるほど闇金もバカではないということです。

一つの案件にこだわるくらいなら、また別の被害者を探す方が闇金にとっては賢い選択ですよね。

逃げる闇金

闇金という存在は被害者の「借り手側」という弱みの心理につけこんで追い込んでいくものです。

しかしよく考えてみれば、被害者は借りる以前のタイミングでは何も悪いことはしていないわけです。

ですから、こちらの弱みにつけこまれる前に強気で対応し、業者の鼻を明かしてやるくらいの気持ちで接することが肝要でしょう。

被害者になる前に予防線を張ることは十分に可能なのです。

とはいえ、この記事にたどりつかれた方は恐らく既に被害に遭われてしまっている方がほとんどかもしれません。

運悪く被害に遭われてしまった場合は、闇金に強い専門家に相談されることが最も安全確実な対処方法であると思います。

キャンセル料を既に支払ってしまった場合

闇金の言うがままにキャンセル料を振り込んでしまった場合、それ以降ふりかかることを個人で解決することは困難でしょう。

闇金業者にすでに「カモ」とみなされてしまってますので、さらに理由を付けて金銭を要求されてしまうことになります。

振り込んでしまったお金を取り戻したい、これ以上被害を拡大したくない、と思われる場合は、法律家に相談して解決してもらうのが一番です。

キャンセル料請求詐欺に強い法律家はここ

キャンセル料請求詐欺に特別強い事務所は、なんといっても「ウイズユー司法書士事務所」です。

ウイズユー司法書士事務所は、キャンセル料請求詐欺に精通しており、その解決事例も際だって多い法務事務所です。

相談料は無料、費用の後払い・分割払いにも対応してくれます。

キャンセル料請求被害者の気持ちを熟知しており、親身になって相談してくれますので、きっとあなたを苦しみから素早く解放してくれることと思います。

ウイズユー司法書士事務所

闇金に強い弁護士・司法書士ランキング

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所
事務所名 ウイズユー司法書士事務所
代表司法書士 奥野 正智 大阪司法書士会:2667号/認定番号:312416号
事務所所在地 〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり50,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い・後払い可能

ウイズユー司法書士事務所は、ヤミ金相手に戦い続けること10数余年。
経験と実績豊富な司法書士が闇金被害に悩むあなたを救います。
ヤミ金からの督促・取立て・嫌がらせは最短即日ストップ。法的強制力で闇金被害をきっぱり解決。

解決後のアフターフォローも責任持って対応。闇金が二度と近づいてこないよう親身なアフターフォローで徹底的にあなたを守ってくれます。

(1)相談料無料・全国対応24時間365日受付

(2)闇金の元金返済不要

(3)相談料無料・取立て・嫌がらせ最短即日ストップ

(4)後払い・分割払い可能

(5)毎月数百件の闇金被害を解決

代表司法書士 奥野 正智

代表司法書士 奥野 正智


事務所名の「ウイズユー司法書士事務所」が示す通り、「あなたに寄り添う司法書士事務所」の理念の下、日々闇金被害の解決、被害者の生活再建に力を注いでいます。

実際に、解決された被害者の皆様の満足度が非常に高い司法書士事務所です。

とにかく「スピード解決」に定業があり、最短で一日での解決に至ります。

被害を一日でも早く解決されたい方は、ウイズユー司法書士事務所への無料相談をおすすめします。

Duelパートナー法律事務所

Duel法律事務所
事務所名 Duelパートナー法律事務所
代表弁護士 正野嘉人 東京弁護士会人権擁護委員会所属(第19816号)
事務所所在地 〒101-0047 東京都千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル9階
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり54,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い可能

※「システム金融」「ファクタリング闇金」対応は、一件当たり108,000円

ヤミ金被害を最短で受任当日に解決する、闇金対策専門弁護士「Duel(デュエル)パートナー法律事務所」です。

(1)24時間365日無料相談メール受付

(2)即対応・最短即日取立てストップ

(3)ヤミ金の弱点をつく法的対抗力

(4)北海道から沖縄まで全国対応

(5)秘密厳守

(6)法テラス利用可能。被害解決金の分割払い対応

代表弁護士 正野 嘉人

代表弁護士 正野 嘉人

 

私は弁護士として30年の間、数々のヤミ金融問題を解決してきました。

その経験からお伝え出来るのは、ご自身一人でヤミ金問題を解決するのは非常に困難で、さらには危険も伴ってしまいます。

一人で悩みを抱え込んでしまう前に私ども「ヤミ金融の対策をしている弁護士」にぜひご相談ください。

もちろん相談は無料で、ご家族やお勤め先にも内緒で手続きを進めます。

解決への1歩を踏み出すためにもご連絡をお待ちしております。

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)

ヤミ金レスキュー
事務所名 ウイズユー司法書士事務所
代表司法書士 奥野 正智 大阪司法書士会:2667号/認定番号:312416号
事務所所在地 〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり50,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い・後払い可能

「ヤミ金レスキュー」は、全国唯一の女性専用闇金相談・解決窓口、女性専用司法書士事務所です。

女性スタッフが完全対応の態勢を整えており、女性からの相談のみに限定し、女性特有のデリケートな悩みを最短即日で解決してくれます。

年間2,500件超の相談を業務歴10数余年の信頼と実績を持つ司法書士が、ヤミ金からの督促・取立て・嫌がらせを最短一日でストップします。

(1)取立て・嫌がらせを最短一日でストップ

(2)女性スタッフがデリケートな悩みに完全対応

(3)秘密厳守・相談料無用・ご家族にもバレません

(4)全国対応24時間365日受付緊急対応

(5)後払い・分割払い可能

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)


生活のために夫に内緒で借金してしまった、女性だからといって強く脅されつい返済してしまう、子供にまで嫌がらせが及ぶ、夫にバレたくない、などといった女性ならではのデリケートな問題を気軽に相談できるよう、女性専用相談窓口を用意しているヤミ金レスキュー。

相談相手が女性だからこそ、「安心して相談できる」専門相談員を揃え、全力で依頼者をサポートします。

-闇金融の手口

Copyright© 私の闇金体験談・ヤミ金に強い弁護士・司法書士に無料相談して被害解決! , 2018 AllRights Reserved.