私の闇金体験談・ヤミ金の違法な取立て・督促電話が即日ストップ・無料相談・24時間全国対応

私の闇金体験談・ヤミ金に強い弁護士・司法書士に無料相談して被害解決!

闇金融の手口

パチンコ金融(ヤミ金・闇金融)の対策:主婦とギャンブル依存症の増加が背景

更新日:

パチンコ金融(ヤミ金)の特徴とその対策

パチンコ金融とは、パチンコ・パチスロに熱狂している人達をターゲットに違法な融資をする闇金業者です。

パチンコ金融とは?

パチンコ金融とは、パチンコ・パチスロにハマっている人達を狙い違法な高金利で融資をする闇金業者です。

パチンコ屋の店舗周りで即座にお金を貸したりすることから「スピード貸し」などと呼ばれる場合もあります。

パチンコ・パチスロにとかく借金はつきものです。

パチンコ・パチスロに借金はつきもの

最近はめっきり減りましたが、以前はパチンコ店のすぐ近くに消費者金融のATM店舗が数多くあり、軍資金が無くなった人がすぐに店舗にかけこんでキャッシングしてしまう、というようなことも多くありました。

パチンコ金融は、パチンコ・パチスロ好きな人達をターゲットにしており、甘言を弄して勧誘し、闇金の中でも最も高い部類の金利を課して金を貸す非常に悪質な闇金です。

パチンコ金融の特徴

日本には、都会から地方に至るまでありとあらゆる地域にパチンコ屋が軒を連ねています。

特に地方ともなると、パチンコ・パチスロしか遊びが無いといった土地も多く、そのファンは全国に数多く存在します。

海外にはカジノや競馬などといった公営ギャンブルがありますが、それらは地域を限定して運営されており、日本ほどギャンブル(パチンコ・パチスロ)が日常生活圏の中に浸透している国はありません。

日本人にとって最も身近なギャンブルであり、またパチンコほど手軽に遊べるギャンブルは日本以外には無いといっても過言ではありません。

海外からの旅行者などが、日本のこの状況を見ると大変に驚かれるようです。

日本ほどギャンブル(パチンコ・パチスロ)が日常生活圏の中に浸透している国はありません

パチンコ金融は、パチンコ店の周辺で営業しているのが特徴で、店舗すら構えず、車の中などで待機しながら借り手からの電話連絡を待つという営業形態を取っているのがほとんどです。

パチンコ金融は、パチンコ好きな方なら経験があることでしょうが、「これだけ回したのだから、そろそろ確変が来るに違いない」などといったパチンカー特有の心理を良く知っており、熱くなってしまったギャンブラーをターゲットに融資をします。

ギャンブルで大勝すると、その時の快感が忘れられず、再びその高揚感を味わいたいというのがギャンブラーの心理です。

「もう一度」、「もう一度」という繰り返しから、徐々にのめり込んでいくのが典型的なギャンブル依存に陥るパターンです。

パチンコで負けた人は、これをまたパチンコで取り返そうと考える特徴があり、「きっと取り返してやる」とどんどん熱くなり、冷静な気持ちではなくなってしまいます。

パチンコ金融

私、ヤミ金課長もかつてパチンコにハマったことがあり、手持ちの現金をすってしまうと、そのままATMに直行し、お金をおろし、またすってしまうということを繰り返した時期があります。

「あと1万円あれば、出る!」という根拠の無い思い込みでどんどん突っ込んでしまうんですね。

パチンコ金融は、このように心理的に冷静さを失ってしまった状態のパチンカーをターゲットに、パチンコ屋周辺で「カモ」を待ち受けているのです。

闇金に強い法律家ランキング

最近のパチンコ金融のターゲットは、主婦や年金受給者

パチンコ金融のターゲットはもちろん、パチンコ・パチスロファンです。

当然、成人男性を主なターゲットとしています。

しかし最近特に増えているのが、専業主婦や若い女性、年金受給者の高齢者などです。

また、生活保護受給者が数多くパチンコ屋に入り浸るというにわかには信じられない現象も起きています。

主婦層の増加は、昨今のパチンコ店の営業努力(明るくクリーンなイメージの店舗作り、分煙化店舗の導入、1円パチンコの導入)で、女性客の集客に成功していることから、おのずと主婦がパチンコしやすい環境が生み出されているという背景があります。

主婦層というのは、特に専業主婦の場合、手持ちの現金が「生活費」というケースが圧倒的です。

最近のパチンコ金融のターゲットは、主婦や年金受給者

主婦の人達は、その生活費の中から「ちょっとだけなら」という思いでパチンコに使ってしまい、負けてしまった場合、「どうにかして取り返さなきゃ」と考えます。

もちろんご主人や家族には内緒ですから、生活費からの「負け」は、本人にとっては一大事です。

特に専業主婦の場合、収入証明書がありませんから、正規の貸金業者、クレジット会社や消費者金融などからお金を借りることはほぼ不可能です。

ですから、収入証明書なしでも気軽に借金できるパチンコ金融に簡単に手を出してしまうケースが多くなるのです。

また、最近では高齢者のパチンコファンが増えているという実状があります。

パチンコホールを覗いてみるとおわかりになるかと思いますが、以前より断然多くの高齢者の姿、特に女性客の数が増えていることに気づかれると思います。

高齢者のパチンコファン

今やパチンコ店は、高齢者の一種の社交場といった感すらあります。

彼ら彼女らの収入源は主に「年金」です。

年金受給者がパチンコにハマってしまえば、わずかな年金などはすぐにパチンコ台にすいこまれてしまいます。

パチンコ金融は、こういった高齢者もターゲットにしているのです。

従来からパチンコ店を利用している成人男性ばかりではないということです。

パチンコ金融の勧誘方法

パチンコ金融は、パチンコ・パチスロ店の周りの電柱や看板などに、広告チラシを貼り付けたり、駐車場に停まっている車のワイパーにチラシを挟んだり、自転車のカゴや原付のカゴなどにチラシを投げ込んで顧客を勧誘します。

また、パチンコ店だけでなく、競馬場や競輪場、競艇場、オートレース場などあらゆるギャンブル場に出没し、同じように広告チラシを配布していきます。

広告チラシの文言には、

  • 軍資金融資します
  • 勝ったお金で即日返済可能
  • 誰でも融資OK

などといった甘い誘い文句が並んでいます。

これら広告チラシには、店舗住所や固定電話の番号などは無く、ヤミ金の屋号と携帯電話の番号だけが載っています。

ですから、これをいわゆる「090金融」と判断する見方もあります。

ヤミ金の屋号と携帯電話の番号だけ

基本的なことですが、携帯電話のみを広告チラシに掲載しているという行為は広告の「表示義務違反」であり、犯罪です。

なので、このようなチラシを使っている業者は100%「ヤミ金」と判断して間違いありません。

パチンコ金融の融資方法

パチンコ金融のターゲット層については先述しましたが、ターゲットの大半が「今まさにパチンコで現金をすったばかりのお客」になります。

お金をすったばかりで、パチンコ店の中あるいはパチンコ店の周辺にいるパチンカーは、まだ気持ちが昂ぶっており冷静さを欠いていますので、パチンコ金融のチラシを見つけると、ついつい携帯電話に連絡をしてしまいます。

パチンコ金融に電話をかけるパチンカー

パチンコ金融業者は、パチンコ店のすぐ近くで待機していますので、すぐに借り手のところに直行し、軍資金を届けに行きます。

そして「これを資金に、勝てば今日中に返済ができる」などとギャンブラーの心理をついた誘い文句で融資をします。

その通り勝てて返済することができれば問題ありませんが、もともと胴元のあるギャンブルですから負けることが大半です。

こうなると、借金に借金を重ねる負のスパイラルに陥ってしまうのです。

熱くなっているギャンブラーにとっては、とても魅力的なパチンコ金融ですが、その金利は「3時間で3割」とか「1日1割」など、いわゆる「カラス金」とも呼ばれる「小口短期」の法外な高金利での貸し付けです。

「1日1割」(いわゆるカラス金)は、トイチ(10日で1割)などとは比べようもない途方もない高金利です。

まんまと負けた場合、これはとても返済できるような金利ではありません。

パチンコ金融の金利、とても返済できない

負け続けると、このとてつもない高金利のため、借金が雪だるま式に増えてゆき、あっという間に借金地獄に陥ってしまいます。

そして借金を返済できない場合、たちまち闇金の督促・取立てが始まります。

闇金に強い法律家ランキング

パチンコ金融の取立て

パチンコ金融の取立ては苛酷なものです。

パチンコ店からそのまま借り手の自宅までついていき、取立てを行うケースもあります。

当然自宅を知られてしまうことになりますので、家族はもちろん近所の住民にまで取立ての被害が及んでしまうことになります。

闇金の取立て方法の中でも特にリスクの高いものと言えます。

ギャンブル依存症について

ギャンブル依存症とは、ギャンブル行為やその過程に必要以上に熱中し、のめり込んでしまう状態のことで、精神疾患として分類され、医学的には「ギャンブル障害」と呼ばれている一種の病気です。

2017年9月の「厚生労働省」がまとめた資料によると、直近一年間でギャンブル依存症の疑いのある成人の割合は、全人口の3.6%(約320万人)

このうち最も多くのお金を使ったギャンブルは、パチンコ・パチスロであり、割合は全人口の2.9%でした。

出典:日本経済新聞

主な先進国におけるギャンブル依存症の割合は、

  • 日本の全体平均   3.6%
  • オランダの全体平均 1.9%
  • フランスの全体平均 1.2%
  • スイスの全体平均  1.1%
  • アメリカの全体平均 1.9%
  • イギリスの全体平均 0.8%

といった数字となっており、日本は世界でも突出した「ギャンブル依存症大国」と呼べる深刻な状況となっています。

日本の患者が特別多いのはなぜでしょう。

理由として考えられるのは、いつでも誰でも簡単にパチンコ店・パチスロ店に足を運ぶことができる、という日本特有の特異な環境が背景として考えられます。

パチンコ・パチスロを中心とする日本のギャンブル依存症患者の数は年々減少する傾向にはあるようですが、依然として多いのが現実です。

パチンコ・パチスロは、いわゆる景品買いを仲立ちとした「三店方式」という形態をとって法の網をくぐって営業しており、法律上は「賭博」ではなく「遊技」とされています。

三店方式

パチンコ店で特殊景品に交換

しかし、事実上の賭博であることには間違いありません。

上記の数字のように、厚生労働省がパチンコ・パチスロを「ギャンブル依存症」の原因と特定していますので、現実的には「賭博・ギャンブル」と捉えて間違いないでしょう。

ギャンブル依存症は、家庭崩壊・人格崩壊に直接結びつく重い病気ですので、一度罹ってしまうと人生を棒に振ってしまうほどの恐ろしい症状です。

自覚のある場合は、勇気を出してすぐさま病院の診察を受けるか、セラピストに相談するようにしてください。

パチンコ金融の対策・対処法

パチンコ金融の手口は狡猾かつ巧妙なものです。

取立てを通じての暴力行為や脅迫行為が証明できない場合、警察に相談しても対応してくれないケースがほとんどです。

パチンコ金融とトラブルになってしまった場合、個人でこれを解決することは非常に困難です。

いち早く闇金に強い弁護士・司法書士に相談して解決してもらうようにしましょう。

闇金に強い弁護士・司法書士に相談

また、パチンコ依存症は、アルコール依存症と同じく、精神疾患の一つであり厚生労働省の認める明らかな病気です。

闇金問題の解決と、パチンコ依存症の克服はまた別物です。

専門の病院や、セラピストへの相談などによる根本治療を通して、病気から抜け出すことを考えてください。

再び闇金被害に遭うことのないように。。。

闇金に強い法律家ランキング

闇金相談・闇金に強い弁護士
闇金に強い弁護士

ヤミ金問題はとても厄介なので、取り扱う弁護士事務所が少ないのが実状です。しかし安心して下さい。日本には闇金に強い正義感あふれる弁護士事務所が存在します。 闇金に強い弁護士とはContents1 闇金に ...

続きを見る

闇金相談・闇金に強い司法書士
闇金に強い司法書士

ヤミ金問題はとても厄介で危険なので、取り扱う司法書士自体が少ないのが現実です。しかし安心して下さい。日本にはリスクを恐れない正義感あふれる闇金に強い司法書士事務所が存在します。 闇金に強い司法書士とは ...

続きを見る

パチンコ依存の主婦が増加:依存から闇金へ・・

先ほど、パチンコに走る主婦のお話をしました。

主婦の軍資金は、やはり「生活費」が最も多く、次に「へそくり」、独身時代からある「貯金」となっているようです。

最初はほんの気晴らし程度に始めたパチンコにたちまちハマり、続けるうちにやがてはギャンブル依存症(中毒)になってしまいます。

パチンコの中毒性は深刻です。私、ヤミ金課長も一時パチンコにハマったことがありますが、始めた当初に「大当たり」を何度か経験すると簡単に常連になってしまい、気がついたら学校や仕事をさしおいてもパチンコ店に向かう、という日頃の自分からは考えられない行動パターンに陥ってしまいます。

これがやがてクセになり、長期間続けるとギャンブル依存症が誕生するのでしょう。

依存症の一般的イメージでは”当人の心が弱いからなってしまうんだ”と思われがちですが、医学的にその発症は「ドーパミン」という脳内にある快楽物質がギャンブルやアルコールによって生まれ、快楽が得られることが原因とされています。

快楽を発生させる行動が繰り返されるうちに脳がより強い刺激を求めるようになり、その結果、自分の行動が理性でコントロールできなくなってしまう「病気」なのです。

自分ではなかなか自制しにくい病気のため、家族や知人など周囲の人間が当事者の異常に早めに気づき、治療や支援につなげていくことが回復に向けての大事な行動です。

話が少し逸れてしまいました。

日本の場合他の先進国と違い、街の至る所にまるでコンビニ店のようにパチンコ店が軒を連ねています。

都会も地方も全く同じ光景が広がっています。

海外からの旅行者がこれを見るとひどく驚くそうです。

交通の便も良く立地も良く、駐車場も大きく、店内の雰囲気も明るく楽しく、誰でも気軽に入れる遊技場。

それが日本のパチンコ店の一般的な店構えです。

法律上は「遊技場」となっていますが、実質的には「賭博場」です。

国内のギャンブル依存症患者のほとんどが、パチンコ依存症だといわれています。

2017年に、厚生労働省が発表した資料によると、ギャンブル依存症の疑いのある成人の割合は、全国で320万人となっており、この割合は主要先進国でも突出した数字です。

中でも目立って多い層が、20代〜30代の主婦という驚くべき調査結果が出ています。

1980年代頃までは、パチンコといえば「オジサン」や「男子学生」の遊び場というイメージでしたが、現在は様相が変わっており、女性・・特に若い主婦層にボリュームゾーンの一部が移りつつあるというのが実状です。

パチンコ依存症妻のおそるべき現状

「ほんのうさばらしのつもりで行ってみたら、いきなり20数連チャンの大当たりで10万円を超える大勝ち!確変が連続する快感が頭の中に焼き付いてしまい、その日から毎日ホールに出かけるようになりました。」

とインタビューに答えるのは、パチンコ歴2年の田中あいさん(仮名・32歳)。

大宮市在住。2年前、初めて試したパチンコで大当たり。

たったの一回でパチンコにハマってしまったのです。

それ以来、子供が小学校に行っている平日はほとんど毎日パチンコホールに通い詰め。

朝はいつも、4年生の一人息子を小学校に登校させ、大急ぎで家事を片付けると、パチンコ店がオープンする午前10時の15分ほど前には店の行列に並ぶのが日課になってしまった。

「近所だと顔がさすのが気になるし他人の目があるので、行くのは一駅向こうのホール。朝から午後5時頃までそれこそ一日中パチンコ台に張り付いています。台を離れる時間が惜しいのでご飯も摂りません。」

さらに、パチンコ攻略雑誌やネットのパチンコ攻略動画なども毎晩チェックするようになった。

膨らんだ負けはたった2年で550万円!

麻雀や花札・サイコロなどとは違い、パチンコは胴元のあるギャンブル。

客が必ず負けて、店が必ず勝つ仕組みになっている。

彼女の場合もそうで、収支は当然赤字。「調子が良かったのは初めの三ヶ月程度・・」。

だんだんと負けが込み出し、へそくりもすぐに無くなり、結婚前から貯金していたまとまったお金も一年も経たないうちに底をついてしまった。

しかし、既にギャンブル依存に陥ってしまった田中さんに心のコントロールは出来ず、やめるどころか益々パチンコにのめり込んでいく。

「パチンコで当たっている自分が夢に出てくるくらいなので、病気です・・。」

住宅ローンに充てるつもりだった主人と共同の預金にも手を着けてしまい、700万円あったそのお金は今や250万円・・。それなのにパチンコから足が洗えない。

「大当たりや確変に突入する時の異常な胸の鼓動、音響や映像・台の演出が私の心に火を着け、ドーパミンがドバーッと出る感覚に魂を奪われているのかも・・。」

2年間でトータル550万円をスッてしまうとは、相当の重傷だ。今のところ彼女の使い込みを主人は知らないらしいが、もし知られてしまったら離婚すらチラつく。。

「どうにもならなくなったら親に話して貸してもらうつもり。それがダメなら風俗か闇金か・・。軍資金がヤバくなったらカラダを売って穴埋めするって話は、パチ友の主婦の間では普通のあるあるバナシ。」

「だけど風俗って意外と面接で落とされるらしく、スマホの出会い系アプリで客探しすることが多いらしいです。でも危険な目に遭うこともあるらしくて・・それでもパチンコ打ちたさに売春までする人の気持ちがわかってしまう自分がコワイ・・。売春できない人は闇金に走ってるし。でも私はさすがにそこまでは・・。」

近年はATM常設のパチンコ店が増えている。現金が台に吸い込まれてもその場で出金できるため、依存症に拍車をかける原因の一つになっている。

「パチンコ依存主婦」の売春は実際に存在する。パチンコ依存の闇は深い。

ほぼ「闇金ウシジマくん」・・パチンコ売春妻は実在する

軍資金が無くなれば、借金してでもホールに居座るパチンコ依存妻たち。。

人気漫画「闇金ウシジマくん」の第一話にいきなり登場するパチンコ依存妻「加山重子」が、ホール内でアケミという女に客を取らされる場面があるが、こんなことが実際にあるのだろうか?

とあるパチンコ攻略誌記者は、

「ああ、ほぼ同じようなことが行われてますね。出会い系アプリを使って男性客とホール内で出会い、そのまま駐車場に行って車の中で売春してる若い妻がいる。」

とあっけらかんと話す。

さらに驚いたことに、売春の組織的ネットワークである援デリに登録してパチンコを打ちながら、そのホールがデリの待機所代わりになっているという事実まで聞かされた。

「国道近辺のホテル街に近い郊外店舗や街中から離れたホールでは、いかにも待機中って感じの援デリ嬢まるわかりの人妻をよく見かけます。ホールの同じ島の女性と知り合いになったと思ったら援デリ嬢の人妻で、そのままホテルへ直行・・なんて話もよく聞きますよ。」

パチンコ店の立体駐車場は死角だらけで、売春にはもってこい。

「ドル箱3個分でどう?」と人妻から男性客に声をかけるケースもよくあるという。

これは漫画の世界や都市伝説ではない。パチンコ売春は日常的な光景なのだ。

そして「闇金ウシジマくん」のネタのようにパチンコと売春と闇金のセットが負のスパイラルを生み出していることも現実なのである。

闇金に強い法律家ランキング

闇金相談・闇金に強い弁護士
闇金に強い弁護士

ヤミ金問題はとても厄介なので、取り扱う弁護士事務所が少ないのが実状です。しかし安心して下さい。日本には闇金に強い正義感あふれる弁護士事務所が存在します。 闇金に強い弁護士とはContents1 闇金に ...

続きを見る

闇金相談・闇金に強い司法書士
闇金に強い司法書士

ヤミ金問題はとても厄介で危険なので、取り扱う司法書士自体が少ないのが現実です。しかし安心して下さい。日本にはリスクを恐れない正義感あふれる闇金に強い司法書士事務所が存在します。 闇金に強い司法書士とは ...

続きを見る

闇金に強い弁護士・司法書士ランキング

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所
事務所名 ウイズユー司法書士事務所
代表司法書士 奥野 正智 大阪司法書士会:2667号/認定番号:312416号
事務所所在地 〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり50,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い・後払い可能

ウイズユー司法書士事務所は、ヤミ金相手に戦い続けること10数余年。
経験と実績豊富な司法書士が闇金被害に悩むあなたを救います。
ヤミ金からの督促・取立て・嫌がらせは最短即日ストップ。法的強制力で闇金被害をきっぱり解決。

解決後のアフターフォローも責任持って対応。闇金が二度と近づいてこないよう親身なアフターフォローで徹底的にあなたを守ってくれます。

(1)相談料無料・全国対応24時間365日受付

(2)闇金の元金返済不要

(3)相談料無料・取立て・嫌がらせ最短即日ストップ

(4)後払い・分割払い可能

(5)毎月数百件の闇金被害を解決

代表司法書士 奥野 正智

代表司法書士 奥野 正智


事務所名の「ウイズユー司法書士事務所」が示す通り、「あなたに寄り添う司法書士事務所」の理念の下、日々闇金被害の解決、被害者の生活再建に力を注いでいます。

実際に、解決された被害者の皆様の満足度が非常に高い司法書士事務所です。

とにかく「スピード解決」に定業があり、最短で一日での解決に至ります。

被害を一日でも早く解決されたい方は、ウイズユー司法書士事務所への無料相談をおすすめします。

Duelパートナー法律事務所

Duel法律事務所
事務所名 Duelパートナー法律事務所
代表弁護士 正野嘉人 東京弁護士会人権擁護委員会所属(第19816号)
事務所所在地 〒101-0047 東京都千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル9階
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり54,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い可能

※「システム金融」「ファクタリング闇金」対応は、一件当たり108,000円

ヤミ金被害を最短で受任当日に解決する、闇金対策専門弁護士「Duel(デュエル)パートナー法律事務所」です。

(1)24時間365日無料相談メール受付

(2)即対応・最短即日取立てストップ

(3)ヤミ金の弱点をつく法的対抗力

(4)北海道から沖縄まで全国対応

(5)秘密厳守

(6)法テラス利用可能。被害解決金の分割払い対応

代表弁護士 正野 嘉人

代表弁護士 正野 嘉人

 

私は弁護士として30年の間、数々のヤミ金融問題を解決してきました。

その経験からお伝え出来るのは、ご自身一人でヤミ金問題を解決するのは非常に困難で、さらには危険も伴ってしまいます。

一人で悩みを抱え込んでしまう前に私ども「ヤミ金融の対策をしている弁護士」にぜひご相談ください。

もちろん相談は無料で、ご家族やお勤め先にも内緒で手続きを進めます。

解決への1歩を踏み出すためにもご連絡をお待ちしております。

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)

ヤミ金レスキュー
事務所名 ウイズユー司法書士事務所
代表司法書士 奥野 正智 大阪司法書士会:2667号/認定番号:312416号
事務所所在地 〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり50,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い・後払い可能

「ヤミ金レスキュー」は、全国唯一の女性専用闇金相談・解決窓口、女性専用司法書士事務所です。

女性スタッフが完全対応の態勢を整えており、女性からの相談のみに限定し、女性特有のデリケートな悩みを最短即日で解決してくれます。

年間2,500件超の相談を業務歴10数余年の信頼と実績を持つ司法書士が、ヤミ金からの督促・取立て・嫌がらせを最短一日でストップします。

(1)取立て・嫌がらせを最短一日でストップ

(2)女性スタッフがデリケートな悩みに完全対応

(3)秘密厳守・相談料無用・ご家族にもバレません

(4)全国対応24時間365日受付緊急対応

(5)後払い・分割払い可能

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)


生活のために夫に内緒で借金してしまった、女性だからといって強く脅されつい返済してしまう、子供にまで嫌がらせが及ぶ、夫にバレたくない、などといった女性ならではのデリケートな問題を気軽に相談できるよう、女性専用相談窓口を用意しているヤミ金レスキュー。

相談相手が女性だからこそ、「安心して相談できる」専門相談員を揃え、全力で依頼者をサポートします。

-闇金融の手口

Copyright© 私の闇金体験談・ヤミ金に強い弁護士・司法書士に無料相談して被害解決! , 2018 AllRights Reserved.