私の闇金体験談・ヤミ金の違法な取立て・督促電話が即日ストップ・無料相談・24時間全国対応

私の闇金体験談・ヤミ金に強い弁護士・司法書士に無料相談して被害解決!

闇金融の手口

カラ貸し・・架空請求に似た闇金の手口

更新日:

カラ貸し・・架空請求に似た闇金の手口

「カラ貸し」とは、借りてもいない借金の請求と取立てを行う、闇金による一種の架空請求詐欺です。

カラ貸しとは?

カラ貸しとは、借りてもいない借金の支払いの請求・取立てをヤミ金業者が行う、一種の架空請求詐欺です。

この手口の被害者は、現在もこれまでにも全くお金を借りてもいないのに、無理矢理に請求や取立てをされてしまう。という強引な手口です。

ヤミ金業者の常套手段の一つである「多重債務者リスト」を利用し、携帯電話やメールを使っていきなり取立てを始めます。

カラ貸しの取立て方法は携帯電話。

「昔貸したカネの返済がずっと遅延している。今すぐ返せ!」

などと言って脅し、被害者には全く心当たりの無い融資話であるという点が特徴です。

カラ貸しとは、借りてもいない借金の支払いの請求・取立てをヤミ金業者が行う、一種の架空請求です。

また、被害者の中にはあまりにも多くの債務を抱えていた過去などがある場合、返済しきれてない借金があるかもしれないと思い込み、ついついヤミ金の言う通りになって、借りてもいないお金を口座に振り込んでしまうケースもあります。

これは、「カラ貸し」同様、本人に全く身に覚えのない貸し付けに対し一方的に返済を迫る「引っかけ金融」に引っかかってしまったようなもので、被害者の「ひけめ」という心理につけこんだ悪質極まりない手口と言えるでしょう。

なぜカラ貸しに引っかかってしまうのか?

「カラ貸し」の出現した時期には、頼みもしないのに多重債務者の口座に勝手に元本となる現金を振り込み、暴利での返済を強要する「押し貸し」と呼ばれる手口も現れています。

しかし、「カラ貸し」はそもそも元本すら貸していません。

最初から、貸し付けるカネも必要ないのです。

必要なのは多重債務者の情報と携帯電話、それに銀行口座だけで、「返済」と称してカネを振り込むように脅迫まがいの電話を繰り返します。

ですが、ここで疑問が生じます。

いくら脅かされたからといって、なぜ、借りてもいない借金を返してしまうのでしょうか。

その背景には、返済に追われる多重債務者に特有の「不安感」があります。

ヤミ金の返済に追われる多重債務者に特有の「不安感」

いったんヤミ金融から借金をしてしまうと、連日連夜、厳しい取立ての電話などが相次ぎ、被害者の心は疲弊していきます。

「払わないと何をされるかわからない。」という不安から精神的に追い詰められ、冷静な判断能力が失われてしまいます。

そして、どこからいくら借金したのかわからなくなってしまっている人も少なくありません。

「カラ貸し」金融業者は、そんな被害者の心理をたくみに操り、ありもしない借金の返済をさせ、カネをせしめるのです。

カラ貸しの手口

カラ貸しを行う闇金業者は、過去に消費者金融などから借金をした経験のある顧客の個人情報を「名簿屋」から買い入れ、多重債務者と目を付けた人を狙って、ランダムに督促電話をかけていきます。

カラ貸しが狙っているのは、

  • 過去に何回かダマされたことのある被害者
  • 現在多重債務に陥っている人
  • お金のやりくりに苦しんでいる人

たちです。

このような種類の人たちの個人情報は、「濃い」顧客リストとして名簿屋に流れていき、ヤミ金業者で回されていくのです。

カラ貸しによる督促電話は、業者の携帯電話から、被害者の携帯電話にかけられます。

過去に多重債務に陥った経験のある人に対し、突然電話をかけ、名前を呼び、

「債権が30万円残っている。今すぐ払え。」

などと、架空請求まがいの督促をしてきます。

身に覚えの無い被害者は当然請求を断ります。

すると、

「それでは、今支払えるだけのカネでいいから、すぐに払うなら10万円で許してやろう。」

などと言って、妥協点を提案してきます。

ここでカラ貸しの手口に乗ってしまうと、「カモ」と判断され、それ以降も請求が続くことになってしまうので、絶対支払いをしてはいけません。

また、「貸した」「借りてない」の押し問答で、短気になって激高したりしてはいけません。

ヤミ金の電話の督促に「貸した」「借りてない」の押し問答で、短気になって激高

これも相手の思うツボです。

激しく抵抗すると、「これは脈があるな。(身に覚えがあるな)」と判断され、その後もしつこく深追いをかけられてしまうことになります。

架空請求電話に必要以上に怒る

あくまで冷静に応対して、適当に電話を切るようにしてください。

カラ貸しの対処法

私こと管理人も、「カラ貸し」ではありませんが、携帯電話による「架空請求」をされたことがあります。

全く身に覚えがなかったので、激しく怒って電話を切ったのですが、その後も督促電話は止まらず、連日の電話攻撃を受けて辟易したことがあります。

これは今にして思えば、必要以上に怒ったことで、相手に「コイツはひけめがあるな」「身に覚えがあるな」と思わせてしまったことが原因だと考えられます。

本当に身に覚えが無ければ、適当にあしらって冷静に電話を切ることができるはずだからです。

ですので、「カラ貸し」の場合も架空請求同様、冷静に対処し、適当なことを言って早々に電話を切ることが一番無難な方法だと思います。

そして、大切なのは、向こうが知っているのは、こちらの電話番号と名前だけかもしれないということです。

なので、絶対にそれ以外の個人情報を相手に言わないようにしてください。

架空請求電話では個人情報を相手に言わない

過去の事例では、

「勤務先に電話するぞ」

「子供のいる学校に電話するぞ」

などと、明らかに脅迫行為に及んでくるケースがあります。

その際は、即犯罪とみなされるため、警察に連絡するようにしましょう。

そして、万が一「カラ貸し」の被害に遭ってしまったら、法律家に相談して、早期の解決をはかるよう検討してみてください。

【カラ貸し実録】借りてもいない借金

できるだけ少ない費用でより多くの利益を求める。

闇金融の世界では、この「商売の鉄則」が極限まで追求されている。

警視庁丸の内警察署は2003年4月、実際には金を貸していない都内の男性二人に

「早く金を返せ」

などと電話をかけ、合計20万円を脅し取ったとして、東京・池袋の消費者金融の社長(22)と社員二人を恐喝容疑で逮捕した。

名簿業者から購入した多重債務者リストをもとに

「回収を依頼された。返さなければ職場に押しかける」

などと電話で脅し、現金を指定口座に振り込ませたというのが逮捕容疑。

カラ貸し、ヤミ金の手口

彼らが振込先に指定したのは、インターネットで購入した複数の個人名義の銀行口座だった。

同署では同年二月、同社の別の社員三人を同容疑で逮捕しており、女性事務員一人を除き、社員全員が逮捕された。

同社は2001年11月から2003年1月頃にかけ、同じ手口で約50人から約1,200万円を脅し取っていたとみられている。

数万円の元本を貸し付けて法定利息を超える高金利で取り立てるのがヤミ金融だが、多重債務者の情報を使って、貸してもいない「借金」の取立てを迫ることから、その手口は「カラ貸し」と呼ばれる。

2002年秋頃から、頼みもしないのに多重債務者の口座に勝手に元本となる現金を振り込み、暴利での返済を要求する「押し貸し」と呼ばれる手口も出現している。

しかし「カラ貸し」はそもそも元本すら貸していない。

必要なのは多重債務者の情報と電話、それに銀行口座だけで「返済」と称して金を振り込むように脅迫まがいの電話を繰り返すのだ。

だが、いくら脅されたからといって、なぜ、借りてもいない借金を返してしまうのだろうか。

その背景には、返済に追われる多重債務者に特有の不安感がある。

いったんヤミ金融から借金をしてしまうと、連日連夜、厳しい取立ての電話などが相次ぐ。

「払わないと何をされるかわからない」

という不安から精神的に追い詰められ、冷静な判断能力が失われていく。

「払わないと何をされるかわからない」カラ貸しヤミ金

どこからいくら借金をしたのかわからなくなってしまう人すらいるのだ。

東京都内に住むパートの60歳代の女性は2003年3月、金融業者を名乗る男から勤務先にかかってきた電話で、いきなり名前を呼ばれ、

「債権が残っている。10万円払え。」

と迫られた。

「大声を出さないでください。こちらからかけなおします。」

といってすぐに電話を切った。

だが、たまたま電話を取ったのが自分だったからよかった。

これ以上騒がれたら仕事を続けられなくなる、と考えると、仕事が手につかなくなった。

前年夏、闇金融に二十数社から借りた100万円を超える借金を、知人に用立ててもらって返済したが、一社だけ連絡がつかず、返済できなかった。

この業者の債権を譲渡されたのだと思い込み、携帯電話で業者に連絡を取った上で、指示された口座に8万円を振り込んだ。

すると、一週間後、別の業者から

「何でよその借金を返して、うちに払わないんだ。」

という電話が職場にかかってきた。

受話器を取るたびに大声でがなりたてる。

やはり、仕事をじゃまされたら生活できなくなると思い、5万円だけを払ったところ、最初の業者から今度は追加支払いを迫る電話がかかった。

無視し続けると、携帯電話の留守電に

「お前を殺す」

というメッセージが入った。

女性は

「怖くて家にも帰れない。一体どうしたらいいのか」

と怯えた表情で話した。

カラ貸し闇金に怯える女性

家族が標的にされることもある。

中部地方に住む50歳代の男性は2003年4月、都内に住む息子の借金を立て替えて欲しいと、大手消費者金融の社員を名乗る男から電話を受けた。

あわてて息子携帯電話に連絡を試みたが、つながらなかった。

「息子に何かあったら大変だ」

と思い、50万円を振り込んだ。

電話の主とは間もなく連絡がつかなくなり、だまされたとわかった。

息子は最初の大手消費者金融からは確かに借金をしていたが、振り込んだ先の口座は個人名義。

結局、電話の主はわからずじまいだが、後で確認したところ、息子が知らないうちに、携帯電話を紛失したという連絡が電話会社にあり、携帯電話がつながらなくなっていた。

カラ貸し闇金に騙された50歳代の男性

ヤミ金融問題に詳しい溝呂木雄浩弁護士は

「警察の取り締まりが厳しくなるに連れ、ヤミ金融の側にも焦りが出てきたのか、短期間でより多くのもうけを狙う荒っぽい手口が目立ってきた。一度払ってしまうと甘く見られ、次々と同じような電話に苦しむことになる。警察に恐喝の被害届を出し、絶対に応じられないという毅然とした態度で対応するべきだ。

と話している。

闇金相談・闇金に強い弁護士
闇金に強い弁護士

ヤミ金問題はとても厄介なので、取り扱う弁護士事務所が少ないのが実状です。しかし安心して下さい。日本には闇金に強い正義感あふれる弁護士事務所が存在します。 闇金に強い弁護士とはContents1 闇金に ...

続きを見る

闇金相談・闇金に強い司法書士
闇金に強い司法書士

ヤミ金問題はとても厄介で危険なので、取り扱う司法書士自体が少ないのが現実です。しかし安心して下さい。日本にはリスクを恐れない正義感あふれる闇金に強い司法書士事務所が存在します。 闇金に強い司法書士とは ...

続きを見る

闇金に強い弁護士・司法書士ランキング

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所
事務所名 ウイズユー司法書士事務所
代表司法書士 奥野 正智 大阪司法書士会:2667号/認定番号:312416号
事務所所在地 〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり50,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い・後払い可能

ウイズユー司法書士事務所は、ヤミ金相手に戦い続けること10数余年。
経験と実績豊富な司法書士が闇金被害に悩むあなたを救います。
ヤミ金からの督促・取立て・嫌がらせは最短即日ストップ。法的強制力で闇金被害をきっぱり解決。

解決後のアフターフォローも責任持って対応。闇金が二度と近づいてこないよう親身なアフターフォローで徹底的にあなたを守ってくれます。

(1)相談料無料・全国対応24時間365日受付
緊急の闇金問題相談にも即対応可能。北海道から沖縄まで全国どこでも対応しています。

(2)闇金の元金返済不要
闇金に返済したお金はもちろん、元金の返済も1円たりとも不要になります。

(3)相談料無料・取立て・嫌がらせ最短即日ストップ
闇金問題は即時対応できるように相談料は無料です。そして、闇金からの取立て・嫌がらせも最短即日ストップさせます。

(4)後払い・分割払い可能
被害者の生活再建を一番に考えていますので、問題解決費用は後払い・分割払いに対応しています。

(5)毎月数百件の闇金被害を解決
相談・解決実績毎月数百件。独自の経験と実績で闇金被害をきっぱりと解決します。

代表司法書士 奥野 正智

代表司法書士 奥野 正智


事務所名の「ウイズユー司法書士事務所」が示す通り、「あなたに寄り添う司法書士事務所」の理念の下、日々闇金被害の解決、被害者の生活再建に力を注いでいます。

実際に、解決された被害者の皆様の満足度が非常に高い司法書士事務所です。

とにかく「スピード解決」に定業があり、最短で一日での解決に至ります。

被害を一日でも早く解決されたい方は、ウイズユー司法書士事務所への無料相談をおすすめします。

Duelパートナー法律事務所

Duel法律事務所
事務所名 Duelパートナー法律事務所
代表弁護士 正野嘉人 東京弁護士会人権擁護委員会所属(第19816号)
事務所所在地 〒101-0047 東京都千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル9階
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり54,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い可能

※「システム金融」「ファクタリング闇金」対応は、一件当たり108,000円

ヤミ金被害を最短で受任当日に解決する、闇金対策専門弁護士「Duel(デュエル)パートナー法律事務所」です。

(1)24時間365日メール受付
ヤミ金に強い弁護士が24時間365日無料相談受付中。

(2)即対応
ヤミ金業者との関係を完全に断ち切るために、スピーディーな対応で依頼者を守ります。 最短で受任した即日取立てストップ可能です。

(3)ヤミ金の弱点をつく法的対抗力
ヤミ金業者が恐れる、口座凍結、携帯電話の利用停止など弁護士ならではの対抗措置を取り、ヤミ金側を諦めさせます。

(4)北海道から沖縄まで全国対応
スピーディーに受任するために、「Skype」や「スマホのTV電話」などで直接相談を行い、即座に受任します。

(5)秘密厳守
秘密厳守します。他言は一切しません。 家族や職場に連絡先を教えてしまっている場合でも柔軟に適切なアドバイスが可能です。

(6)法テラス利用可能。被害解決金の分割払い対応
法テラスの民事法律補助が使えます。この立替制度(無利子)を使うことで、分割返済がより楽になります。

代表弁護士 正野 嘉人

代表弁護士 正野 嘉人

 

私は弁護士として30年の間、数々のヤミ金融問題を解決してきました。

その経験からお伝え出来るのは、ご自身一人でヤミ金問題を解決するのは非常に困難で、さらには危険も伴ってしまいます。

一人で悩みを抱え込んでしまう前に私ども「ヤミ金融の対策をしている弁護士」にぜひご相談ください。

もちろん相談は無料で、ご家族やお勤め先にも内緒で手続きを進めます。

解決への1歩を踏み出すためにもご連絡をお待ちしております。

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)

ヤミ金レスキュー
事務所名 ウイズユー司法書士事務所
代表司法書士 奥野 正智 大阪司法書士会:2667号/認定番号:312416号
事務所所在地 〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり50,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い・後払い可能

「ヤミ金レスキュー」は、全国唯一の女性専用闇金相談・解決窓口、女性専用司法書士事務所です。

女性スタッフが完全対応の態勢を整えており、女性からの相談のみに限定し、女性特有のデリケートな悩みを最短即日で解決してくれます。

年間2,500件超の相談を業務歴10数余年の信頼と実績を持つ司法書士が、ヤミ金からの督促・取立て・嫌がらせを最短一日でストップします。

(1)取立て・嫌がらせを最短一日でストップ
ヤミ金レスキューが受任すれば、しつこいヤミ金からの督促・取立て・嫌がらせを最短一日でストップさせてくれます。

(2)女性スタッフが完全対応
女性からの相談のみに限定し、女性ならではのデリケートな悩み・問題を専門に取り扱い、親身になって解決に導く女性専用相談窓口を設けています。

(3)秘密厳守・相談料無用
相談者からの秘密は厳守します。ご主人にもご家族にもバレることなく問題解決を図ります。無料相談は何度でも受け付けています。

(4)全国対応24時間365日受付
緊急の闇金問題相談にも即対応可能。北海道から沖縄まで全国どこでも対応しています。緊急のご連絡にも迅速に対応します。

(5)後払い・分割払い可能
被害者の生活再建を一番に考えていますので、問題解決費用は後払い・分割払いに対応しています。

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)


生活のために夫に内緒で借金してしまった、女性だからといって強く脅されつい返済してしまう、子供にまで嫌がらせが及ぶ、夫にバレたくない、などといった女性ならではのデリケートな問題を気軽に相談できるよう、女性専用相談窓口を用意しているヤミ金レスキュー。

相談相手が女性だからこそ、「安心して相談できる」専門相談員を揃え、全力で依頼者をサポートします。

-闇金融の手口
-, , , , ,

Copyright© 私の闇金体験談・ヤミ金に強い弁護士・司法書士に無料相談して被害解決! , 2018 AllRights Reserved.