私の闇金体験談・ヤミ金の違法な取立て・督促電話が即日ストップ・無料相談・24時間全国対応

私の闇金体験談・ヤミ金に強い弁護士・司法書士に無料相談して被害解決!

闇金融に気をつけよう

【闇金暗躍の背景】グレーゾーン金利撤廃と総量規制導入後の闇金の暗躍

更新日:

グレーゾーン金利撤廃と総量規制導入後の闇金の暗躍

グレーゾーン金利の撤廃と総量規制の導入は、消費者の生活を守るための規定だったはずが、結果的に皮肉にもヤミ金業者の暗躍を生んでいます。

グレーゾーン金利とは

消費者金融やクレジットカードのキャッシングの金利を規制する法律が日本には二つあります。

ひとつは「出資法」です。

これは刑罰の対象となる金利を定めており、一定の金利を超過すると処罰されます。

もうひとつは「利息制限法」です。

これは民事的効力の限界となる金利を定めており、制限金利を超えた利息契約をすると、超過部分については利息契約が無効になるという法律です。

利息制限法では、年15%~20%(元本の額によって変動)を超える利息契約をしても「超過部分は無効」とされているのですが、利息制限法には罰則がないため、2007年頃までほとんど守られてこなかったことが問題でした。

1970年代には、出資法の上限金利が年109.5%であり、この金利を超えると処罰されるので、サラ金業者は出資法の上限金利以下の金利で営業していました。

多くのサラ金業者は、年利100%近くでした。

すなわち、借りた元本が一年で倍になる計算です。

サラ金はグレーゾーン金利で営業

サラ金規制法によって、出資法の上限金利が、段階をおって年109.5%から年73%、そして年54.75%、年40.004%に引き下げられました。

このように金利は下げられていったのですが、本来守られるべき利息制限法の制限金利(年15%~20%)との間にはまだ開きがあり、その間の金利は「グレーゾーン金利」と呼ばれていました。

グレーゾーン金利
出典:Wikipedia

貸金業者が定めた「20%~29.2%」までの金利は、利息制限法に違反しているので民事上は合法ではありませんが、出資法には違反していないので犯罪でもありません。

貸金業者は、この「抜け穴」に目をつけました。

この抜け穴がすなわち「グレーゾーン金利」なのです。

サラ金規制法が施行された以降も、グレーゾーン金利の範囲内で、サラ金やクレジット会社は営業をしていた

サラ金規制法が施行された以降も、グレーゾーン金利の範囲内で、サラ金やクレジット会社は営業をしていたわけです。

1983年、貸金業規制法の施行

一方で、貸金業規制法によって、それまでは誰でも貸金業ができていたのが登録制になり、無登録業者は処罰されるようになりました。

さらに、サラ金の取立て行為についてもさまざまな規制が加えられました。

たとえば、当時の大蔵省通達で、「午後9時以降~午前8時以前の取立て」「ドアに貼り紙をしたり、大声を上げたり、乱暴な言葉を使ったり、大勢で押しかけるなど、人を威圧したり、私生活や業務の平穏を害するような取立て」が禁止されました。

加えて、大蔵省通達で、「弁護士に債務整理を依頼した後の、多重債務者本人に対する取立て」が禁止されたので、弁護士がサラ金業者に通知を出すだけで、多重債務者本人に対する直接の取立てが止まるようになりました。

こういった立法によって、状況はある程度好転しました。

しかし、以前より下がったとはいえ、「年40.004%」という出資法の上限金利は、預貯金の金利などと比較すれば、大変高いものであることに変わりありません。

貸金業規制法の施行後も高金利を取るサラ金

したがって、その後も多重債務者は増え続けたのです。

グレーゾーン金利の影響によるヤミ金の跋扈

グレーゾーン金利の抜け穴を利用して、大いに利益を上げていたサラ金業者大手などは、一部上場企業となり、経団連のメンバーとなっていきました。

この間、サラ金業者などに食い物にされた被害者、多重債務者が大量に発生していました。

そして彼ら多重債務者の増加をこれ幸いと、ターゲットに狙い、跋扈し始めたのが、いわゆる「ヤミ金」なのです。

多重債務者の増加に伴う闇金の出現

もともと、無登録の貸金業者のことを「ヤミ金」と呼んでいたのですが、2000年前後の当時の闇金は、登録をした貸金業者であるにもかかわらず、出資法違反の超高金利で貸し付ける業者が一般的でした。

2000年の初めころから多重債務者の増加に伴い、闇金の被害が多発するようになりはじめました。

この当時の一番の問題は、闇金業者のような「犯罪者」である業者が検挙されないことだったのですが、2003年に、ひとつの大きな転機がありました。

山口組系五菱会系ヤミ金グループが摘発されたのです。

山口組系五菱会系ヤミ金グループが摘発

五菱会が摘発されたために、山口組本部も捜査され、これをきっかけに、暴力団グループが闇金から撤退を始めたのです。

ヤミ金融対策法の成立とグレーゾーン金利の撤廃

これと軌を一にして、闇金の暗躍を規制すべく司法が立ち上がりました。

ヤミ金問題に関しては、ヤミ金に対する規制と処罰を強化する「闇金融対策法」(貸金業規制法と出資法の改正法)が2003年7月25日に成立し、2004年1月1日から施行されています。

ヤミ金融対策法施行後も、多重債務者問題は深刻な社会問題であり続けたのですが、2006年6月、出資法の上限金利を引き下げてグレーゾーン金利を撤廃するとともに、年収の三分の一を超える貸し付けを禁止する、画期的な「改正貸金業法」が制定されました。

利息制限法の制限金利との間にあった「グレーゾーン金利」もなくなった

この法律は、出資法の上限金利を年20%まで引き下げるもので、この結果、利息制限法の制限金利との間にあった「グレーゾーン金利」もなくなったわけです。

また、貸金業者が利息制限法の制限金利を超えて貸し付けをすることも禁止されました。

さらに、年収の三分の一を超える貸し付けを禁止するという総量規制が導入され、過剰融資の規制が強化されることになりました。

同法は2010年6月に完全施行されましたが、その結果として象徴的なのは、サラ金大手の武富士や、商工ローン大手のSFCG(「商工ファンド」が名称変更)が倒産したことです。

いま振り返ると、2010年6月に完全施行されたことが、非常に良い結果を生んだと思われます。

というのは、翌2011年3月11日に東日本大震災福島第一原発事故が発生したからです。

東日本大震災と福島第一原発事故が発生

多くの被災者・被害者が避難所や仮設住宅に移ったのですが、幸い、1995年の阪神・淡路大震災の二の舞にはなりませんでした。

阪神・淡路大震災の時は、避難所や仮設住宅にサラ金やヤミ金の取立てが殺到するという事態が横行していたのです。

ところで、同法の完全施行後、違法金利を取っていたサラ金業者の数は激減しました。

改正貸金業法制定後、ヤミ金の活躍する場面が増えてきている

法律の改正により、正規の貸金業者の金利が下がったのは良いことですが、その反面で闇金の活躍する場面が増えてきているのが皮肉な現状です。

グレーゾーン金利の撤廃と総量規制の導入、その影響

2007年頃までは、ほぼすべての貸金業者(サラ金、信販会社含む)は、利息制限法には違反するが、出資法には違反しないグレーゾーン金利(20%~29.2%)の範囲内で、「違法だが犯罪ではない」貸し付けをしていました。

しかし、2006年の貸金業改正により、金利の上限が「20%」までに引き下げられることになり、グレーゾーン金利は無くなることになりました。

貸金業者への規制強化の機運が高まる中、グレーゾーン金利が撤廃されたのですが、同時に債務者からの過払い金返還請求がサラ金業者などに殺到し、経営状態は一気に悪化していきます。

これらの状況を背景に、サラ金業者の経営統合・吸収合併の加速、大手サラ金業者の倒産など、貸金業界の再編・淘汰が進みました。

サラ金業者の経営統合・吸収合併の加速、大手サラ金業者の倒産

さらに、2010年に完全施行された「総量規制の導入」により、借り手の年収の三分の一を超える借入がある場合、新たな借入ができなくなるという規定が施行されました。

これに伴い、貸金業者の融資に関する審査基準は厳しくなっていき、貸金業者の「貸し渋り」も加速しました。

そして、それまでお金を借りることが出来ていた多重債務者たちは、簡単に融資を受けることができなくなってしまいました。

「グレーゾーン金利撤廃」「総量規制の導入」も、消費者保護を目的とした規定であり、多重債務者の出現を防止するための規定であるにもかかわらず、逆に彼らの首を絞める皮肉な結果を呼んでしまったのです。

これら規定の直撃を受けたのは、

  • 多重債務者
  • 自己破産者(債務整理者)
  • 事業者(個人事業主)
  • ブラックリストに入っている人
  • 生活保護受給者・年金受給者
  • 主婦
  • 高齢者

などの人たちです。

闇金業者のさらなる活躍を招く

彼らは正規の貸金業者の融資を受けられなくなってしまったことから、そのままヤミ金のターゲットとされてしまい、闇金業者のさらなる活躍を招くことになってしまったのです。

闇金相談・闇金に強い弁護士
闇金に強い弁護士

ヤミ金問題はとても厄介なので、取り扱う弁護士事務所が少ないのが実状です。しかし安心して下さい。日本には闇金に強い正義感あふれる弁護士事務所が存在します。 闇金に強い弁護士とはContents1 闇金に ...

続きを見る

闇金相談・闇金に強い司法書士
闇金に強い司法書士

ヤミ金問題はとても厄介で危険なので、取り扱う司法書士自体が少ないのが現実です。しかし安心して下さい。日本にはリスクを恐れない正義感あふれる闇金に強い司法書士事務所が存在します。 闇金に強い司法書士とは ...

続きを見る

闇金に強い弁護士・司法書士ランキング

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所
事務所名 ウイズユー司法書士事務所
代表司法書士 奥野 正智 大阪司法書士会:2667号/認定番号:312416号
事務所所在地 〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり50,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い・後払い可能

ウイズユー司法書士事務所は、ヤミ金相手に戦い続けること10数余年。
経験と実績豊富な司法書士が闇金被害に悩むあなたを救います。
ヤミ金からの督促・取立て・嫌がらせは最短即日ストップ。法的強制力で闇金被害をきっぱり解決。

解決後のアフターフォローも責任持って対応。闇金が二度と近づいてこないよう親身なアフターフォローで徹底的にあなたを守ってくれます。

(1)相談料無料・全国対応24時間365日受付
緊急の闇金問題相談にも即対応可能。北海道から沖縄まで全国どこでも対応しています。

(2)闇金の元金返済不要
闇金に返済したお金はもちろん、元金の返済も1円たりとも不要になります。

(3)相談料無料・取立て・嫌がらせ最短即日ストップ
闇金問題は即時対応できるように相談料は無料です。そして、闇金からの取立て・嫌がらせも最短即日ストップさせます。

(4)後払い・分割払い可能
被害者の生活再建を一番に考えていますので、問題解決費用は後払い・分割払いに対応しています。

(5)毎月数百件の闇金被害を解決
相談・解決実績毎月数百件。独自の経験と実績で闇金被害をきっぱりと解決します。

代表司法書士 奥野 正智

代表司法書士 奥野 正智


事務所名の「ウイズユー司法書士事務所」が示す通り、「あなたに寄り添う司法書士事務所」の理念の下、日々闇金被害の解決、被害者の生活再建に力を注いでいます。

実際に、解決された被害者の皆様の満足度が非常に高い司法書士事務所です。

とにかく「スピード解決」に定業があり、最短で一日での解決に至ります。

被害を一日でも早く解決されたい方は、ウイズユー司法書士事務所への無料相談をおすすめします。

Duelパートナー法律事務所

Duel法律事務所
事務所名 Duelパートナー法律事務所
代表弁護士 正野嘉人 東京弁護士会人権擁護委員会所属(第19816号)
事務所所在地 〒101-0047 東京都千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル9階
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり54,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い可能

※「システム金融」「ファクタリング闇金」対応は、一件当たり108,000円

ヤミ金被害を最短で受任当日に解決する、闇金対策専門弁護士「Duel(デュエル)パートナー法律事務所」です。

(1)24時間365日メール受付
ヤミ金に強い弁護士が24時間365日無料相談受付中。

(2)即対応
ヤミ金業者との関係を完全に断ち切るために、スピーディーな対応で依頼者を守ります。 最短で受任した即日取立てストップ可能です。

(3)ヤミ金の弱点をつく法的対抗力
ヤミ金業者が恐れる、口座凍結、携帯電話の利用停止など弁護士ならではの対抗措置を取り、ヤミ金側を諦めさせます。

(4)北海道から沖縄まで全国対応
スピーディーに受任するために、「Skype」や「スマホのTV電話」などで直接相談を行い、即座に受任します。

(5)秘密厳守
秘密厳守します。他言は一切しません。 家族や職場に連絡先を教えてしまっている場合でも柔軟に適切なアドバイスが可能です。

(6)法テラス利用可能。被害解決金の分割払い対応
法テラスの民事法律補助が使えます。この立替制度(無利子)を使うことで、分割返済がより楽になります。

代表弁護士 正野 嘉人

代表弁護士 正野 嘉人

 

私は弁護士として30年の間、数々のヤミ金融問題を解決してきました。

その経験からお伝え出来るのは、ご自身一人でヤミ金問題を解決するのは非常に困難で、さらには危険も伴ってしまいます。

一人で悩みを抱え込んでしまう前に私ども「ヤミ金融の対策をしている弁護士」にぜひご相談ください。

もちろん相談は無料で、ご家族やお勤め先にも内緒で手続きを進めます。

解決への1歩を踏み出すためにもご連絡をお待ちしております。

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)

ヤミ金レスキュー
事務所名 ウイズユー司法書士事務所
代表司法書士 奥野 正智 大阪司法書士会:2667号/認定番号:312416号
事務所所在地 〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F
相談料 無料
受付 24時間365日
費用 一社当たり50,000円
地域 全国対応
支払い 分割払い・後払い可能

「ヤミ金レスキュー」は、全国唯一の女性専用闇金相談・解決窓口、女性専用司法書士事務所です。

女性スタッフが完全対応の態勢を整えており、女性からの相談のみに限定し、女性特有のデリケートな悩みを最短即日で解決してくれます。

年間2,500件超の相談を業務歴10数余年の信頼と実績を持つ司法書士が、ヤミ金からの督促・取立て・嫌がらせを最短一日でストップします。

(1)取立て・嫌がらせを最短一日でストップ
ヤミ金レスキューが受任すれば、しつこいヤミ金からの督促・取立て・嫌がらせを最短一日でストップさせてくれます。

(2)女性スタッフが完全対応
女性からの相談のみに限定し、女性ならではのデリケートな悩み・問題を専門に取り扱い、親身になって解決に導く女性専用相談窓口を設けています。

(3)秘密厳守・相談料無用
相談者からの秘密は厳守します。ご主人にもご家族にもバレることなく問題解決を図ります。無料相談は何度でも受け付けています。

(4)全国対応24時間365日受付
緊急の闇金問題相談にも即対応可能。北海道から沖縄まで全国どこでも対応しています。緊急のご連絡にも迅速に対応します。

(5)後払い・分割払い可能
被害者の生活再建を一番に考えていますので、問題解決費用は後払い・分割払いに対応しています。

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)

ヤミ金レスキュー(女性専用闇金相談)


生活のために夫に内緒で借金してしまった、女性だからといって強く脅されつい返済してしまう、子供にまで嫌がらせが及ぶ、夫にバレたくない、などといった女性ならではのデリケートな問題を気軽に相談できるよう、女性専用相談窓口を用意しているヤミ金レスキュー。

相談相手が女性だからこそ、「安心して相談できる」専門相談員を揃え、全力で依頼者をサポートします。

-闇金融に気をつけよう
-, ,

Copyright© 私の闇金体験談・ヤミ金に強い弁護士・司法書士に無料相談して被害解決! , 2018 AllRights Reserved.